親しき仲にも礼儀ありという言葉がありますが、セックスフレンドとの間にはどのような「礼儀」が考えられるでしょうか。セックスフレンドというのは、友達でも恋人でもないセックスだけで築かれる関係である以上、そこには、通常の人間関係とは少し異質なセックスフレンド特有の「礼儀」のようなものが発生すると私は考えています。

今回は、セックスフレンドと動画というものを、セックスフレンドという仲における「礼儀」の一つのかたちとして見ていきたいと思います。

セフレとのハメ撮りは礼儀と信頼のうちに成立する

セックスをする人のなかには「ハメ撮り」と呼ばれる、動画を撮影しながらのセックスを愛好するタイプの方々がいます。
あとで見返すためにハメ撮り動画を撮影するというタイプもいれば、ハメ撮り動画を撮影しながら、という行為それ自体に興奮するタイプもいます。
動画を撮りながらのハメ撮りセックスは、スマートフォンの動画撮影機能の使いやすさが改善されることで、ますます愛されていくことになるでしょう。
ハメ撮りをするにあたって、ハメ撮りをされる女性が懸念するのは、ハメ撮り動画の流出ということになるでしょう。これは、恋人の場合はリベンジポルノという言葉で表されますが、セックスフレンドにおいてもそれほど事情は変わらないのではないか、と私は思います。
セックスフレンドとのハメ撮りをあらかじめインターネット上に流出させることを目的としてセフレをつくり、セックスをする、というような男性が一部に見受けられます。
これなどは、セックスフレンドという相手に対する「礼儀」が根本から欠けているタイプなのではないかと私には思われます。

衣食セックス足りて礼儀を知ろう

セックスフレンドという間柄の人間も、セックス以外の社会的な関係性がある以上、一つのハメ撮り動画の流出は、その女性の社会生活を揺るがしうる驚異的な力を持つことになります。
男性は、軽い気持ちで動画を流出させるのかもしれませんが、セックスだけの関係を築いたセックスフレンドの女性のハメ撮り動画を流出させるのは、なるべくやめたほうがいいのではないかと思います。
セックスフレンドにハメ撮りを頼むときは、インターネットなどに流さないことを約束するくらいがちょうどいいでしょう。そのような約束をしておきながらしれっと約束を破り、動画を流出させるという人もいますが、それはセックスフレンドに対する裏切りであります。
「衣食足りて礼節を知る」という言葉がありますが、「衣食」に「性的な充足」も加え、私は、「衣食セックス足りて礼節を知る」というような態度をセックスフレンドを相手に持つことを推奨したいと思います。
https://r43dsr4uk.com/