セフレサイトという出会い系のサービスは悪なのか?
ふとそんな疑問がよぎった。

セフレサイトとして認識される出会い系サービスがインターネットにあふれているが、こういった出会い系のサイトはあまりいいイメージがない。

出会い系というとサクラを使って、出会いたい思いを弄ぶビジネスというのがかつての暗黙の了解だった。

モテない系男子がモテた気分になるための一種のテーマパーク的なイメージだった。
しかしそれが最近では登録業者による正式なサービスとして展開されるようになってから実際に会える確率が出てきた。

そのため、以前のような金を捨てて雰囲気を楽しむ風俗まがいのサービスとは異なってきたわけだ。
実際にあってセックスをするだけのセフレを作れるサービスとして人気が出てきたのだ。

セフレサイトとして発展

実際に出会える出会い系のサービスとなると、やはりそこには確実にセックスという目的が発生する。
先ほど述べたように風俗まがいのサービスを提供してきたイメージのため、もとより性的なサービスという印象が根強く張り付いているわけだ。

そのためにセフレサイトとしてセフレ関係を求める男女であふれる結果になっているわけだ。
昨今の少子化問題の関係上、政府としてもセフレでも関係を築いて労働力の生産をしてほしいということだろう。

セフレサイトでセフレを作ることを政府が黙認しているのだ。

セフレサイトでセフレのプロ

セフレサイトとして発展した出会い系のサービスはセフレのプロを生み出している。
最もその教科書となったのはアダルトビデオの類で、実践することがセフレのプロの証となったことが伺われる。
セフレサイトはまさに出会い系の本流として日本経済のなかに溶け込むことに成功した。

セフレサイト自体は公ではないものの、出会い系のサービスでプロ的な技術を学ぶことでより日本経済と日本の将来に貢献する形になってしまっているわけである以上セフレ掲示板などのセフレサイトは今の日本には無くてはならないシステムなのだ。