かつて、テレクラというものは専門の店舗に足を運ばないと遊べないものでした。
ですから、テレクラは都市部に住んでいる人間だけに利用が許されており、地方在住の人間には手が届かない遊びであったという歴史背景を持っています。

現在の眼から見るとほとんど冗談なのではないか、と思われるほどなのですが、テレクラというのは、第一次テレクラブームのときは、「テレクラのために都市部まで小旅行をしてナンパをする」というような遊び方をされたほどだったのです。

第一次テレクラブームの時代

大学入学とともに上京した若者たちが勉強そっちのけでテレクラナンパに夢中になり、都市部のテレクラを一斉に利用したことで成立した時代であったという側面もあるのです。
しかし、現在は、こういった都市と地方のテレクラ利用にまつわる地域格差というのはなくなりました。というのも、現在のテレクラは、スマートフォンがあれば、どこに住んでいても利用できる無店舗型テレクラが人気を博しているからです。

47都道府県どこにいても使えるテレクラ

無店舗型テレクラには47都道府県別に利用できるセンターが用意されており、地方在住者は、どんな田舎であっても、この47都道府県別に利用できるセンターのなかから、自分の最寄りのセンターを使えば、いつでもどこでもテレクラ遊びを開始することができます。
これは、かつてであれば考えられなかったような時代に突入したということを意味しています。
もはや、地方都市の、さらに県庁所在地から離れた場所に住んでいるからといって、テレクラが使えないことを嘆くことは一切ないのです。
いますぐ47都道府県別に利用できるセンターにコールをして、携帯端末を登録し、テレクラの地方格差の歴史に終止符を打ちましょう。
http://2shot-tel.com/